記事のタイトルと内容を一致させよう。【初心者向け/SEOの基本です】

アクセスアップ〜ブログで稼ぐ

 

この記事の内容▼

SEO対策の基本「記事のタイトルと内容を一致させる事の重要性」を具体例を挙げながら説明していきます。ブログ&SEO対策初心者さん向けの記事になります。

 

こんにちは!いどほりグマです。

 

【記事のタイトルと内容を一致させる事】はSEO対策(グーグルなどの検索結果で上位表示される事を狙った対策)の基本です。

 

これは、小手先の技術ではなく、
検索からたどり着いた読者さんに満足してもらうためにも非常に大事なポイントになります。

 

大事な事は、読者さんの気持ちになって考えてみる事です。

 

記事のタイトルと内容を一致させる事はなぜ重要なのか?

 

まずは、タイトルと内容(本文)が一致している事はなぜ重要なのか考えてみましょう。

 

 

SEO対策というとすごくテクニカルな感じがしますが、そうではありません。

 

大切なのは読者さんの目線で考えられることです。

 

検索ユーザー(読者さん)のニーズにしっかりと応えることがSEO対策の基本です。

 

上の例ですと「カレーの作り方」というタイトルの記事を検索から読みにくる方は、【カレーの作り方】を知りたいのです。

 

たとえば料理初心者さんが、そのページを見ながら、がんばってカレーを作っている姿などがイメージできますよね。

 

ですので、ここで求められる内容は文字通り「カレーの作り方」です。

 

ここでうっかり「カレーの歴史」とかを語ってしまうと、読者さんが「それは今いらないの・・・。」となり、他のブログ記事へと去っていく原因になってしまいます。

 

せっかくやって来た読者さんが納得せずに他のライバル記事へ離脱していくと、グーグルさんの評価が下がり、あなたの記事の検索順位が下がってしまいます。

 

逆に、検索ユーザーが満足する内容を書くことができれば、あなたの記事が検索で上位に表示される確率は上がって来ます。

 

検索ユーザーのニーズを満たす。」

 

これが記事を書く際の基本中の基本になります。

 

タイトルを見て読みに来た読者さんがほしい情報を届けられているか、常にチェックする癖をつけましょう。

 

少しの違いで大違い。タイトルの重要性

 

もう一つ、例を挙げてみます。

 

「炊飯器の使い方」という記事と「炊飯器の作り方」という2つのタイトルの記事があったとします。

 

文字列としては、非常に似ていますが、この2つのタイトルは検索から訪問してくる読者層がまるで違うことが想像できます。

 

「炊飯器の使い方」でいらっしゃる方は「炊飯器 使い方」という検索ワードで調べたはずです。炊飯器の使い方を知りたい人だと想像ができます。

 

他方、「炊飯器の作り方」で調べる人はどんな方でしょうか?

 

炊飯器を自ら実際に作りたい方(非常に少数だとは思いますが)や炊飯器の構造や使用部品、組み立てなどに興味のある方などが想定できます。

 

「炊飯器の使い方」よりもかなり検索需要は低そうですね。

 

 

「炊飯器 使い方」と「炊飯器 作り方」。この2つの検索ワードで調べる読者さんが求めている記事が、全く違うという事がわかります。

 

どんなに丁寧にわかりやすく「炊飯器の使い方」を解説した素晴らしい記事を書いても、タイトルが「炊飯器の作り方」だったら、検索ユーザーにとっては無意味な役に立たない記事になってしまいます。

 

この例は、少々極端ですが
どんなに良い記事を書いても、タイトル(キーワード)を見てクリックした読者さんが期待する内容でなければ、評価は得られないのです。

 

タイトルにふさわしい記事を書く事は、「読者さんの満足度をあげる事」になり、結果的にグーグルなどの検索エンジンに「有用な記事」と判断してもらえる確率も高くなります。

 

これがSEO対策の一番の基本になります。

 

「自分の書きたい事を書くこと。」はとても大事です。そういう記事にはあなたのオリジナルの見解が入り、他のライバル記事にはない価値を提供できる可能性があがります。

 

その一方で、同時に読者さんを意識することも、とっても大切です。

 

自分は今、どういう読者さんに向けて記事を書いているのか?

 

タイトルに含まれるキーワードで検索して来たユーザーさんが満足できる内容なのか?

 

こういう意識を少しでも持つことで、あなたの記事がよりいっそう、読者さんの役に立つ。分かりやすく読みやすい記事になると思います。

 

この部分を抑えると
SEO(検索結果への上位表示)だけでなく、アフィリエイトの制約率にも目に見えて変化が出てきます。

 

記事を書くことを楽しみながら、読者さんの目線も意識して、アフィリエイトの成果につなげて行きましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました