アフィリエイトで戦略や手法よりも重要な事とは?

アフィリエイトには色々な手法や戦略がありますが
戦略や手法を決める前に考えてみるべき、大切なことが1つあります。

アフィリエイトには、大まかに分けて、
いくつかの戦略があると思います。

そして、それを実現するために、色々なやり方「手法」が
数多く存在します。

そういうのを考えるのってすごく楽しいですよね?

自分の場合は、すごく楽しいですw

「あ、こんな風にやったら面白いかも?」とか、

「上手く〇〇にアフィリンクが貼れれば、
ウハウハ(死語?)なんじゃ・・・ぐひひひひ(よだれ)」とか、

「〇〇と〇〇を組み合わせて、自動化できれば、
ワンクリックで1記事完成。よっしゃ、もうキーボードいらん!」

などなど・・・

アホの妄想はとどまるところを知りません。

しかし、結局現実は・・・。

スポンサーリンク
レンタングル大

アフィリエイトで戦略や手法よりも重要な事とは?

想像は発明の母といいますし、
人間は、イメージできる事は実現する力があります。

当然、戦略&手法はとっても大事です。

アフィリエイトってそもそもどんなゲーム?(戦略以前に)

しかし、戦略を考える前に
アフィリエイトとはそもそもどういうものでしょうか?
どうなったら成功でしょうか?

「そんなもん知っとるわい!」

とみなさん思われたでしょう。

すみません。
念のために、おさらいです。

アフィリエイトは、自分のサイトのアフィリエイトリンクを踏んでもらい、
お客さんに商品を買ってもらえれば(or サービス登録など)成功です。
これで報酬をゲットすることができます。

なので、自分のサイト(のアフィリリンク)に
お客さんを誘導できれば勝率が上がります
必ず商品を買ってもらえる訳ではありませんが、
少なくともチャンスは生まれます。

アフィリエイトというゲームの勝利条件は?

という事は、アフィリエイトをゲームだと
仮定したら、勝利するための条件は・・・

「アフィリエイトはとにかくアクセスを多く集めれば
勝てるゲームだ。」

となります。

でも、これだと、
半分正解という感じだと思います。

自分のサイトに読者さんに訪問してもらう事も大事ですが、
実際に商品やサービスを購入してもらわなくては、
どれだけたくさんの人に来てもらっても収益は発生しません。

ですので、自分の場合は、
アフィリエイトを

できるだけたくさんの
「商品(やサービス)をこれから買うつもりの人」を
自分のサイト(記事)に集められれば、勝てるゲームだ。

という風に、解釈しています。

なんか、文字にしてしまうと
本当に当たり前のことです。

でも、情けないことに、
自分がこの事を腹の底から分かったのは、
自分がアフィリエイトで実際に稼げるようになってからでした。

それまでは、知識として、頭では理解していた
つもりだったのですが、本当の意味では
分かっていなかったんです。

これが、しっかりと自分の中心に定まっていれば、
その後の時間の使い方や、実際の作業、その優先順位などで
悩んだり、結果として手が止まってしまったりする事が、

ずっと減らせたのではないかと思っています。

なので、自分の経験から、

まず、戦略や手法より先に、アフィリエイトというビジネスの
勝利条件をしっかりと、自分なりにつかんでおく事が
大切だと感じています。それが定まっていて、初めて戦略や手法が活きてきます。

この部分がぼんやりしていたり、
クリアになっていない状態だと、

目標を達成(ゲームをクリア)しようと、
後から立てる計画や戦略・手法も
どんどんズレたり、ブレたり、コロコロ変わったりしてしまいます。

つまり、貴重な自分の労力をあさっての方向に使ってしまう。
収益を上げるために必要のない部分に無駄に時間をかけてしまう
という事が起こります。

という事で、「どうやったらゲーム
(アフィリエイト)をクリア出来るのか?」
という、勝利の条件をまず最初にはっきりさせた上で、

次は、「どうやったら、それが達成できるのか?」
について考えて行きましょう。

「アフィリエイトの戦略」の部分ですね。

注意点▼

上に挙げた「アフィリエイトの勝利の条件」は、
あくまで私が個人的に思っているものです。

この部分は、絶対ではなく、人それぞれ、
アフィリエイターさんごとに違っている事もあり得ます。

例えば、「アフィリエイトは、その商品に興味を持っている人や
購入を迷っている人をたくさん集めて、その方たちに
自分のライティングスキルで、商品の魅力を説明して、商品購入の
意思決定をしてもらえば勝利できるビジネスだ。」

という様に定義してそれに沿った戦略&サイト運営をしている
方もいらっしゃると思います。
むしろこちらの方が王道なのかも・・・。

いずれにせよ、大事なことは、自分なりの「勝利の条件」を
一度しっかりと考えてみることです。

アフィリエイトの戦略

自分の場合は、

「アフィリエイトは、
できるだけ多くの「商品(やサービス)をこれから買うつもりの人」を
自分のサイト(記事)に集められれば、勝てるゲームだ。

「井戸掘りグマのアフィリエイト条例 修正第3条」より

というように定めているので、
この状態を作るには、どうしたらいいのかを
考えて、戦略を立てて行きます。

まずは、アクセスを得る部分。
サイトにお客さんを呼び込む部分を思案します。

サイトにアクセスを得るための戦略

自分の記事に、読者さんを誘導する方法は大きく見て2つあります。
SNSを利用する方法と、検索エンジンを利用する方法です。

私の場合、アフィリエイト収益は、ほぼ100パーセント
検索エンジンからの訪問者さんから生まれています。

なので、現状は検索エンジンを利用する方法、一択です。

(SNSも使えないかと密かに企んでいるのですが、
こちらはまだ実装に時間がかかりそうです。)

検索エンジンを利用する

検索エンジンから、読者さんに自分のサイトに
訪問してもらうための私の戦略は、

「ユーザーが検索するワードでグーグル先生に自分の記事を表示してもらう事。」
「出来れば、その検索ワードで1位 ro 1ページ目に載る事。」

です。

まさに基本中の基本。

もちろん、これを達成するために、
色々な手段や手法、技が存在しますが、
目標はきわめてシンプルです。

商品をこれから買うつもりの人を集めるための戦略

「アフィリエイトは、
できるだけ多くの「商品(やサービス)をこれから買うつもりの人
自分のサイト(記事)に集められれば、勝てるゲームだ。

「井戸掘りグマのアフィリエイト条例 修正第3条」より

すみません。くどいですが、
もう一度貼り付けました。

自分で決めた定義にしたがうならば、

ただアクセスを集めるための戦略だけでは不十分です。

これから、商品を買う予定の人に
サイトに訪問してもらう方法も同時に考えなくてはなりません。

上位表示を狙うワードを絞り込む

これから、商品(あるいはサービス)を買うつもりの人に
サイトへ来てもらうには、「そんな彼ら/彼女らが検索するだろうワード」で
上位表示を狙っていく必要があります。

もちろん、そのワードで検索するすべての人が
商品を購入する訳ではありません。

しかし、「商品を買うことをすでに決めている(決定事項)人」の割合が
高い検索ワードというのは、必ず存在するので、
そういうワードを狙った記事を書いていく事で、
勝率を上げるという戦略になります。

以上が、私のアフィリエイトでの
基本的な戦略になります。

まとめるとこんな感じです。

サイトアフィリエイトの基本戦略

1.「商品(やサービス)を買う気でいる人が検索するワード」を見つける。

2. そのワードでグーグルなどの検索エンジンの上位表示を実現する。

もちろん、これだけでは非常に大雑把ですので、
ここからさらに、細かい部分を煮詰めていくのですが、

その際にも、自分の場合はとにかく、
「もう買うと決めてる人」を集めるんだという所だけは、
ブレないように意識しています。

なぜ、自分がこういうアフィリエイトの
勝利条件や戦術を選んだのかというと、
正直言って、ライティングスキルや「説得の技術」に自信がなかったからです。

出来るだけセールストークを書かないで
物が売れるなら、その方が楽だと思ったからです。

自分で商品を選んでレジまで持って来たお客さんに対して、レジで
店員さんがその商品のセールストークを始めたらおかしな事になります。

お客さんとしては、「いや、お前の話を聞くまでもなく、
いいと思ったから買うんだって。」「早く会計して!」という感じになります。

既に買うと決めている人にセールストークは必要ないです

こういう状況をリアル店舗でなく、
ネットで作り出すには、どうすればよいのだろうか?

どのような条件の時に、どんな商品で、そしてどんな検索ワードで
こういうお客さんがうちのサイトに来てくれるだろうか?

とにかく、この部分をひたすら突き詰めて
トライ&エラーを繰り返すうちに、

2017年7月から2018年8月までのアフィリエイトの収入の成果報告です。 少々更新をさぼってしまい、 ほぼ1年分をまとめて...
いつのまにか、アフィリエイトで
そこそこの収益を上げられるようになっていました。

自分の場合は、「検索ワードの選び方」、
「売れるワードを探すこと」が、もっとも重要だという結論になりました。

俗に言う自分だけの「お宝ワード」をいかに見つけられるかが、
鍵になって来ます。
(そうそう見つかるもんじゃないのが辛いところですが)

こいつの難しいところは、
「あまりにベタだと競争率が激しすぎて、手も足も出ない。」
「かといって、競争を全回避しようとすると労力の割に売れなくてさみしい。」

という感触があり、なかなかちょうどいい塩梅が
難しいです。

冷静に今の自分のサイトパワーを見ながら、
「これくらいのワードならイス取りゲームに参加できそう。」
というラインの検索キーワードで勝負することになります。

だいぶ長くなってしまったので、
その辺りの詳しいやり方は、またいずれ書いてみようと思います。

スポンサーリンク
レンタングル大
レンタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする